水まわりリフォーム

印象も機能も見違えるリフォームをご提案

印象も機能も見違えるリフォームをご提案

数あるリフォームのなかでも、広島安佐北区の「HARA建築工房」がもっとも得意としているのが浴室、トイレ、キッチンなど水まわりのリフォームです。こちらでは、この水まわりに焦点を当てたリフォームについて、そのアイデアをご紹介しています。なお、詳細につきましては、当社までお気軽にご相談ください。

水まわりリフォーム内容

浴室リフォーム

1ユニットバスで清潔な浴室に

旧来の工法でつくられた浴室は、防水性に乏しく、水が建材にまで染み込んでカビやシロアリの発生、建物の劣化を引き起こす原因になっていました。したがって定期的なメインテナンスが欠かせず、維持費もそれなりにかかるのが欠点。これを防水性に優れたユニットバスに変えるだけでこれらのトラブルはすべて解消でき、しかも維持の手間やコストも省略できます。

2広い浴槽でゆったりバスタイム

浴槽の大きさに応じて、その周囲に一定のスペースを確保しなければならなかったのが旧来の工法による浴室の泣き所でした。しかし、ユニットバスなら、浴室の広さに制限されることもなく、より大きな浴槽を備え付けることができます。もちろん、これならデッドスペースも生じません。より広いお風呂でゆったりとバスタイムを楽しめるようになります。

3手すりを設けて安全に

加齢により筋力や反射神経が低下すると、転倒の危険が増します。ましてや滑りやすい浴室ではなおのこと。手すりを設けたり、滑りにくい床材を導入したりすれば、どなたでも安心して入浴できる環境が整います。

4プラスαの機能でより快適に

ジェットバス機能の付いたお風呂に入りながらゆったりとテレビを観る、浴室暖房乾燥機を設置してお風呂を洗濯物の室内干しに活用する、冬場は入浴の前に浴室を暖房してヒートショックのリスクを下げるなど、プラスαの要素をお好みで付加すれば、バスタイムはさらに快適なものに生まれ変わります。

トイレリフォーム

1温水便座、高機能便座に替える

新築から年月が経過した家の場合、トイレもまた旧来のものが設置されたままであることが多いもの。温水便座や自動洗浄機能付き便座に替えることで、その快適な使用感、お手入れのしやすさに驚かれるはずです。また、昨今のトイレは節水タイプのものも多く、従来なら1回あたり20リットルは流していたところ、最新のモデルでは5リットル程度という高性能です。

2手すりを設けて安全対策

ご高齢の方がお住いの家なら、浴室同様、トイレにも手すりを付けてバリアフリー化を図りたいところ。とくに、座る、立ち上がる動作が頻繁な環境だけに、身体への負担を考えるとこうしたリフォームが最善の策でしょう。人感センサーが作動して便器の蓋が自動開閉するタイプにすれば、さらに足腰への負担が軽減されます。

3省スペースモデルも要検討

昨今のトイレには従来、水洗には不可欠だったタンクがないモデルや、スリムなフォルムのものなど省スペースを考えたものが多く登場しています。こうした便器に替えれば、トイレがより広くゆったりと使えるようになります。広くなったついでに壁紙などを新調してもよいでしょう。

キッチンリフォーム

1最新のシステムキッチンに替える

住宅設備のなかでも、各社がしのぎを削り毎年のように新製品を世に送り出しているのがキッチン。それだけに、新築時のものと格段の進歩があることにきっと驚かれることでしょう。IHクッキングヒーターや食洗機を備えたものはすでに一般化していますが、なかには生ゴミを粉砕して自動で排水管に流すディスポーザー機能付きのキッチンまで登場しています。また、収納をはじめとする細かい使い勝手にも配慮が行き届いているなど、どれを選んでもまず後悔がないのが最近のシステムキッチンと言えます。

2キッチンのレイアウトを変える

生活スタイルの多様化で、キッチンのレイアウトにもいくつかの形式が生まれています。その代表的なものが「オープンキッチン」「セミオープンキッチン」「クローズドキッチン」です。それぞれに長所、短所がありますので、ご家庭のご事情やご家族の生活スタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

オープンキッチン リビングやダイニングの一画に設置するタイプ。文字通りキッチンと周囲を隔てる壁などはなく、抜群の開放感が味わえるのが特色。家族で料理をつくる、片付けをするといったご家庭にはぴったりです。注意したいのは、調理で出たニオイや煙などがリビングなどに広がりやすいこと。
セミオープンキッチン オープンキッチンと基本的な発想は同じですが、部分的な仕切りでリビングやダイニングとほどよい距離感が保てるのが特色。これなら来客中でも舞台裏を見せずに済みます。また反対に、家事をしながらでもリビングにいる家族に目が行き届くので、子どもの勉強などもしっかり見てあげられます。
クローズドキッチン 別名「独立型キッチン」。文字通り壁や仕切りでリビングやダイニングと隔てられているのが特徴。料理に集中しやすく、来客時でも舞台裏を見せずに済みますが、反面、キッチンにいる時間は家族とのコミュニケーションが取りにくくなるのが欠点です。

3最小限のリフォームで使い勝手を向上させる

予算が限られていて、キッチンの入れ替えやレイアウト変更まではとても──。そんなお宅には少ない投資で使い勝手や見た目をぐんとアップできる小規模リフォームがおすすめです。たとえばコンロや水栓、換気扇だけを交換しても使い勝手や美観がだいぶ改善されます。ぜひご検討ください。

当社の施工事例はこちらをご覧ください

HARA建築工房のこだわりはこちらをご覧ください

お問い合わせはこちらのフォームから

WEB リフォームローンバナー