外壁・外構リフォーム

美観だけでなく、耐久性や機能性の高さにもこだわりたい

美観だけでなく、耐久性や機能性の高さにもこだわりたい

建物の美観を左右するだけでなく、耐久性や機能性などさまざまな面で重要な役割を持っているのが外壁塗装であり、外構・エクステリアです。こちらでは、広島安佐北区の「HARA建築工房」が、専門的な立場から外壁塗装や外構・エクステリアを考えるうえで重要なポイントをご紹介しています。

外壁塗装の塗り替えタイミング

雨漏りや建物の劣化を水際で食い止めてくれる外壁塗装ですが、その効果は何十年と続くわけではありません。定期的な塗り替えで外観や機能を維持する必要があるのです。では、どのくらいのサイクルで塗り替えるのがよいのでしょうか。

一般には、新築から10~12年ごとと言われています。ただし、これは目安に過ぎません。使用されている塗料の種類、性能や建物の立地環境などによっては5年しか持たない場合もあり、逆に20年そのままでも何の問題もない場合があります。したがって、単に年数ではなく、実際に外壁の傷み具合などから判断するのが妥当です。

塗り替えのサイン
チョーキング ひび割れ はがれ・ふくれ・浮き
外壁を手で触って、粉状になった塗料が手に付いたら塗り替えのサイン。これがチョーキングという現象です。 塗装面にひび割れを発見した場合は緊急を要します。建物内部まで劣化している恐れがあります。 塗膜の浮きやはがれも危険のサイン。長期間、紫外線や雨水にさらされ劣化している証拠です。
汚れ サビ(鉄部) カビ・苔
塗膜が健全な状態では付着した汚れはやがて自然に落ちます。しかし、なかなか落ちないのは、性能が劣化している証拠です。 鉄部は雨水などで酸化が生じるとそれ自体が腐食するだけでなく、周囲の塗膜を汚し劣化させます。早急に対処しましょう。 塗膜が劣化し、防水効果が失われると、雨水や湿気でカビや苔が発生します。放置すると内部まで侵食し、雨漏りの原因になります。

外構・エクステリアリフォームのポイント

新築時は予算を土地と建物に集中したせいで、外構、エクステリアまで手がまわらず、家の周囲が土のままというお宅も少なくありません。しかし外構、エクステリアの省略は見映えを悪くするだけでなく、建物の耐久性や防犯性などにも悪影響を及ぼします。できれば、この機会にリフォームを検討してみてはいかがでしょう。

1周囲の景観に配慮する

門扉や塀といったエクステリアは、建物よりもさらに外界と接している分、デザインを決めるにあたっては周囲の景観、街並とのマッチングを図ることが重要となります。当社では、こうした考えから施主様の趣味嗜好を反映させながらも、公共性、地域性に配慮した外構プランをご提案差し上げます。

2機能性や耐久性、防犯性まで考慮する

建物がそうであるように、外構・エクステリアにもデザイン性だけでなく機能や耐久性、防犯性の確保が不可欠です。この点を軽視すると、地震によってブロック塀が倒れたり、空き巣などの侵入を許したりといった最悪の事態を招きかねません。当社なら、美観だけでなく、エクステリアの目に見えない部分の品質もしっかりと保証いたします。

3工事内容と見積もりをしっかりチェック

住宅と異なり、外構・エクステリアは目に見えない部分が多く、施工の確かさを完成後にチェックすることができないことが難点です。それだけに、業者選びは重要となります。信頼できる業者が見つかれば幸いですが、そうでない場合は欠陥施工で後々、大きなトラブルに見舞われる可能性も。

また、工事内容と見積もりを事前によく確認することも大切です。とりわけ悪質な業者ほど、最初の見積もりで極端に低い金額や短い工期を提示してきます。しかし、いざ施工がスタートすると、何かと理由をつけて追加工事が発生したと言っては、料金を上乗せしようとするところもあるので要注意。良心的な業者なら適正な金額、妥当な工期を提案するだけでなく、工事の保証や完成後のメインテナンスについても、しっかりとした対応を約束してくれるはずです。

当社の施工事例はこちらをご覧ください

HARA建築工房のこだわりはこちらをご覧ください

お問い合わせはこちらのフォームから

WEB リフォームローンバナー