リフォームとリノベーションについて

  • ホーム
  • リフォームとリノベーションについて

知ってなるほど「リフォームとリノベーション」

広島安佐北区を拠点に県内の全エリアでリフォーム、リノベーション、注文住宅をご提案している「HARA建築工房」。こちらでは、リフォームとリノベーションの基本的な考え方や、両者の違いについてご説明しています。「うちはリフォームとリノベーション、どちらがいいの?」──そんな疑問をお持ちの方は、ぜひご一読ください。

リフォーム・リノベーションとは

リフォーム・リノベーションとは

最近、住宅関連の用語で「リフォーム」と「リノベーション」という2つの用語がよく用いられています。リフォームについてはすでに多くの方がイメージをお持ちだと思いますが、リノベーションとなると「?」となる方も少なくないのではないでしょうか。こちらでは、双方の意味合い、違いについてご説明します。

リフォームとは

新築からある程度の年月が経過すると家も老朽化が進みますが、「リフォーム(reform)」とは、古くなって傷んだり、壊れたりした箇所を元どおりにすることを指します。つまり、マイナスをゼロの状態にする「原状回復」と言えるでしょう。また、それだけでなく、家の汚れを取り除いたり、汚れたものを取り替えたりすることも同様にリフォームと呼びます。外壁の塗り替えやキッチンや浴室まわりの設備入れ替え、壁紙の貼り替えがその代表的なものです。

リノベーションとは

マイナスをゼロに戻すのがリフォームだとすると、ゼロの状態からさまざまなプラスαを加えて、家の性能や機能を向上させることが「リノベーション(renovation)」。たとえば、家族構成や生活スタイルの変化に合わせて間取りを変更するのもこれにあたります。また、キッチンや浴室、その他の設備を性能やデザイン面でより優れたものに変更することもまた同様です。ほかにも、内外装を好みのテイストに変えたり、構造に手を入れて耐震性や耐久性を高めたりすることもリノベーションの範疇に含まれます。

リフォームとリノベーションの違い

上記でも述べたように、老朽化に伴って不具合の生じた箇所を新しくするのがリフォーム。一方、とくに不具合などはないものの、住む方の好みや生活スタイルに合わせて内外装や設備を変更したり、住宅性能を向上させるために家の構造部分に手を入れたりといったことはリノベーションと呼ばれます。簡単に言うと、マイナスをゼロに戻すのがリフォーム、ゼロをプラスに変えグレードアップするのがリノベーションとなります。

リフォームのメリット

家は老朽化とともに使いづらい部分が出てきたり、本来の快適さが失われたりします。また、家の構造にあたる部分に不具合があれば、地震や災害の際に倒壊するリスクが高まります。こうした不安要素を取り除いて、新築時の状態に限りなく近づけることができるのがリフォームのメリットと言えるでしょう。

リノベーションのメリット

これはあくまで予算の範囲内でという条件付きにはなりますが、自由に住まいをグレードアップさせられるのがリノベーション。壁紙を好みのものに貼り替えたりといった比較的簡単なものから、部屋と部屋の間仕切りを取り払って広大な一室にしたりといった大掛かりなものまであります。こうして住まいを自分好みに変えられるのがリノベーションのよさです。

業者の選び方についてはこちらをご覧ください

当社の施工事例はこちらをご覧ください

HARA建築工房のこだわりはこちらをご覧ください

お問い合わせはこちらのフォームから

WEB リフォームローンバナー